筆者自己紹介と趣味

勤めているときは、退職をして悠々自適の生活ができたら何をしようと思っていたのですが、治療中心の生活をしています。

 

実は、中枢神経系の悪性リンパ腫(脳内にリンパ腫ができてしまう血液の癌。現代医学では完治できない余命6年の病気)の治療と言っても、乾燥わかめとカスピ海ヨーグルトを食後に一日3回食べるだけのことなのですが・・・。お陰で病巣の進行が止まり、徐々に消えていっています。推察するに乾燥わかめの表面のぬめりけ(フコイダン)が、癌細胞を修復してアポトーシス(自然死)させているのだと思います。何時か完治の暁には、この療法を世間に公表して難治性の癌患者さん(おそらく余命わずかでも効果があると思います。)に希望をと思っています。この目標に向かって日々治療に励んでいます。

 

もともと活動的なタイプだったので、小学生の頃の夢だった日本画以外にもソフトボールや野球などしていましたが、一番は夏山登山です。北アルプスの山はほとんど制覇しました。この病気になってからは止めています。視神経にも病巣があり、そのために鳥目になってしまい、暗い早朝から登山を始める高山の登山は控えています。何時か完治して鳥目が改善したら再び登山を始めて、日本百名山踏破を果たしてみたいと思っています。

 

最後に、私の夏山登山の勇姿の画像があったのでご覧ください。燕岳のときのものです。